ウズラボイス

『判断疲れ』『目の疲れ』『身体のコリ』ドライブ疲れに気を付けて安全運転!

time 2017/01/19

『判断疲れ』『目の疲れ』『身体のコリ』ドライブ疲れに気を付けて安全運転!

久しぶりに運転すると、楽しいけど疲れが出ますね~。

しかし、運転というと動かないし体力も使わなそうですが…
思った以上にグッタリきませんか?

ドライブの疲れは、身体的なものよりも、脳の『判断疲れ』が一番の原因です!

sponsored link

原因その1【判断疲れ】

「疲れた」というのは、どこで感じているのか。
そう、脳です。
脳が「疲れた」という信号を出しているにすぎません。

体力を使わずとも、何かを「決定する」。
意思決定というのは凄く疲れを促進します。

よく掃除でめちゃくちゃ「疲れ」を感じませんか?

あれは、捨てる捨てないの判断、必要かそうでないか、整理整頓の空間決定、次々に出てくる思い出の品に誘発される他への興味、やるかやらないか、続けるか止めるか…そういった判断の連続を強いられるから疲れるのです。

運転も同じですね。
右か左か、目的地までの距離は、歩行者の有無、右折左折の巻き込み確認etc.etc.
掃除以上に判断の連続です!
しかも、その判断をミスしたら事故に繋がるという、高い緊張状態が持続します。

慣れてくると疲れないのは、判断が半自動化されるからですね。
こうきたら、こう。というセオリーが体感を持って記憶されると、判断疲れは解消されます。

ドライブの後半眠くなるのは、半日運転してると脳が慣れて、判断が楽になる分退屈を覚えるからというのもありますね。

ちなみにお掃除もそう。
『戻す場所が決まっている』『捨てる捨てないの基準が確立されている』人にとっては、お掃除なんてお茶の子さいさい疲れません。笑

さて。
判断疲れへの対策ですが、これは【コマメに休憩を取る】ことが有効です。
脳が緊張状態から解放されると、疲れも軽減します。

目安は1~2時間に1度、休憩を挟むと良いです◎

あとは、脳に栄養補給してあげるのもおすすめです。
お菓子の『ラムネ』や『チョコレート』、『果汁入りジュース』などを摂取すると、回復に役立ちます♪

原因その2【目の疲れ】

運転中の判断は、ほぼ目からの情報を基準に行います。
そのため、目にかかる負担は相当なモノ。

これも、コマメに休憩を取り、その時に遠くを見たり、目薬を差すなどして、目を労わってあげましょう。

目のホットマスクもおすすめです!
目の周りを緩めてリラックスすることで、疲れを軽減してくれます。

原因その3【身体のコリ】

運転中は同じような姿勢をず~~~っと強いられています。
さらに、原因その1同様に、小さな判断の連続に応えるように、身体も緊張状態が続いています。

休憩の際、ストレッチをしましょう!

ぐぐーっと身体を伸ばすことで、血が全身に巡り楽になります。

そして、シートの位置を調整するなどして、楽な姿勢になるように心がけることも大切。
身体が凝るのに加えて、変な負担がかかると、腰痛や肩こりが悪化してしまいます。

クッションなど有効に活用しましょう!

あと、意外とコリを悪化させるのが服装。
動きにくい格好で運転すると、身体の緊張が高まり、疲れを促進してしまうので要注意です。
動きやすい服装を心がけることも大事です!

まとめに

ドライブを無事故で終えるためにも、ドライブ疲れには気を付けたいもの。
適度な休憩と適切な対策で、楽しいドライブを!

おすすめ記事

関東総鎮守 箱根神社(九頭竜神社)に参拝してきました!

相模国総社!クシナダヒメを祀る大磯の【六所神社】に参拝してきました♪

ヤマトタケル伝説の残る、横須賀【走水神社】をご紹介します!

sponsored link

down

コメントする




REINA

REINA

REINAと申します。 趣味はパワースポット巡りと開運効果検証。ラーメン好き。猫大好き。嗜む程度にオタク。 [詳細]



sponsored link