ウズラボイス

【二十四節気】2017年2月18日からは『雨水(うすい)』 雛人形の飾り時です♪

time 2017/02/17

【二十四節気】2017年2月18日からは『雨水(うすい)』 雛人形の飾り時です♪

明日から『雨水』だなぁと思ったら、「待ちきれない!」とばかりに春一番が吹き荒れていますね。

お天気も晴れたり雨が降ったり。
ちょっと心がザワつくくらいに大気が活発。

数日前には大寒波が来て雪まで降っていました。
変化の季節。
中でも冬から春への変化は、特別に高揚感を感じます。

sponsored link

『雨水』の意味

『雨水』とは、

雪は雨に変わり、氷は水に変わる。雪解けが始まる頃

です。

立春から数えて15日目にあたり、春一番が吹くころとされています。
年にとってはまだまだ寒く、雪が降っていたりもするのですが、今年2017年はどうでしょう?

週間お天気予報を見ていると、温度の変化が大きいようです。
河津桜が見頃ですが、白木蓮の蕾も大きくなり、ソメイヨシノも着々とスタンバイって感じでしょうか。
お花が1番楽しめる季節がやってきますね。

『雨水』の期間にするといいこと

「お雛様を飾る時期っていつだろう?」

という疑問は多いですが、地方や家の習慣で様々。
早くても立春以降が一般的ですが、昔から雨水の時期に雛人形を飾ると良縁に恵まれると言われています。

せっかくなので『雨水』の期間に飾ってみてはいかがでしょう?
2017年の『雨水』は2月18日~3月4日まで

さらにおすすめなのは以下の通り!

2017年2月19日(日) 大安 一粒万倍日

2017年2月20日(月) 天赦日(てんしゃにち)※

2017年2月25日(土) 大安

参考にしてみてくださいね♪

※天赦日とは、「百神が天に昇り、天が万物の罪を赦す日」として、日本の暦の上でも最上の吉日です♪
新しいスタートに最適な日と言われています。

九星気学の八白土星との関係

開運マニアとしては、気学で言う『八白土星』の事象を強く感じる時期です。

八白土星に象徴されるのは『山』。
気学の分け方では1月~2月とされていますが、八白土星は「変化」「繋ぎ目」「継承」の星。
土の中で芽吹くのを待っている植物や、暖かい春を待つ動物や虫達。
雪解けを待つソワソワした感覚は、すごく八白土星らしいと思うのです。

お正月に1年の目標を定めた方は多いと思います。
3月の春分も良い区切りなので、万物が変化し『陽』に向かうこの時期に、「自分の本当にやりたいこと」「人生手の目的」について改めて内観してみませんか?

まとめに

あらら。
ずいぶん明るく感じると思ったら…
この記事を書いている間に、ビュンビュンの雨嵐から穏やかな晴れ間に変わってました。笑

『陰』から『陽』へと繋ぐ時期。
春の訪れを肌で感じながら、明るいうちに桃の花でも買いに行きましょうかね。

おすすめ記事

【開運!】風水で恋愛運アップするなら外せない!『桃花位』で春を呼び込もう♪

ついてない時に風向きを変える!即効性の高い邪気払い3つの方法

夢の種を蒔こう!豊かな人生を作る『新月の願い事リスト』の書き方

sponsored link

down

コメントする




REINA

REINA

REINAと申します。 趣味はパワースポット巡りと開運効果検証。ラーメン好き。猫大好き。嗜む程度にオタク。 [詳細]



sponsored link