【神社】王子神社の摂社『関神社』は、ちょっと珍しい「髪の毛」の御神徳!?

王子神社の駐車場側に、ちょっと珍しい末社があります。

「髪の毛」にまつわるご神徳を頂ける『関神社』です。

◆髪の祖神!関神社

御祭神は
・蝉丸公(神霊)
・逆髪姫(神霊)
・古屋美女(神霊)

百人一首で有名とのことで、盲目で管弦の名手であり、
音曲芸道の神様でもあるという。

ここ王子の関神社では、蝉丸公が、
お姉さま(逆髪姫)が逆毛で悩んでいたのでカツラを考案
古屋美女に銘じて作らせたという古事から、
音曲芸道の他に、髪の祖神とされているそうです。

盲目で琵琶の名手の琵琶法師がちらつきますが
別人なのですね。

img_2324

全国でも珍しい髪の神様ということで、
美容師業界、演芸、かつらなどに携わる人々から信仰を集めているという。

また、滋賀県大津にある関蝉丸神社の御由緒によると、
蝉丸公は盲目だったが開眼した逸話にちなみ、
眼病にも霊験あらたかだそう!

次に参拝する時にはドライアイの相談をさせて頂きたい。

最初の参拝の時はご挨拶と、
詣でられたことに感謝を申し上げるのみです~。

◆髪の毛の供養をする「毛塚」

よく怖い話で日本人形の髪が伸びる、だとか
知らない長い髪の毛が…!!だとかありますね。

髪の毛というのは念が籠りやすいと言われています。
実際に髪を切るとサッパリするとか、
ストレスで抜けたりだとか、
「気」持ちと深い関係のある体の部位であります。

人毛のカツラであるとか、
確かに役目を終えたお守り以上に
悪いものが「入り込みやすい」媒体ですね…。

img_2323

スッキリ!髪を切ることで得られるスピリチュアルな開運効果♪カットに最適な時期は?

◆毛塚の由来

立て看板に書いてある由縁は以下の通り。

釈尊が多くの弟子を引き連れて、
祇園精舎に入られたとき貧女が自らの髪の毛を切り、
油に変えて献じた光が、
大突風にも消えることなく煌煌と輝き世に貧女の真心の一灯として髪の毛の尊さと共に、
毛髪最古の歴史なりと長く言い伝えられる由縁である。

以上引用。

とのことです。髪の毛、尊い。

後日談:白髪が増えていないかも!?

こちらに参拝してから数年たってふと思ったのですが、ここ数年白髪が増えていない。

初めて参拝したので、特に願い事はしていないと思うのですが…
最近、実家の母に会った時に「私があなたくらいの年にはもう白髪が多かったけど、白髪、全然生えてこないね」と言われまして。

そういえば…。
頭頂部に1本だけ白髪があって、増えたら嫌だなと思いつつ一向に増えない。
はっきりといつからかは覚えてないですが、数年間ずっと増えてないんですよね。

私は母と髪質が似ているので、早めに白くなるのかなと思っていましたが…今のところ白髪染めは不要です。

もしかしたらこちら関神社のご神徳かな?と思いまして。
近いうちにお礼参りと、今度はきちんと「末永く髪が健康であるように」祈願してこようかなと思っています!

桜井識子さんの本で、関西の「髪」のご神徳で有名な神様のお話が出ていたのですが、「現状を維持する」のは可能でも、一度進んでしまった状態を戻すのは難しいそうで。

つまり、薄くなりそう!?遺伝的に将来危ないかも!?最近髪にハリツヤコシがなくなったきた!?と思ったら、予防で願掛けに行った方が良いということですね。
(『京都でひっそりスピリチュアル』という本のP171に載っています)

関西なら京都の『美髪神社』が髪の毛にご神徳があるんですね!
関東だとやはりこちらの『関神社』ではないでしょうか。

まとめに

ちょっと珍しい髪に御神徳のある『関神社』

早く髪を伸ばしたい!
サラサラな髪質になりたい!
おしゃれな髪型をキープしたい!

などなど、髪の悩みも聞き届けてくださると思います
王子神社に参拝した際には、忘れずお参りしたいですね♪

たびノート:王子神社境内『関神社』

おすすめの記事