ウズラボイス

【幸せのモノサシ】開運アクションをしたのについてない!?「運が悪い」と嘆く前に考えたいこと

time 2017/09/14

【幸せのモノサシ】開運アクションをしたのについてない!?「運が悪い」と嘆く前に考えたいこと

人生とはかくもままならないもの。
とはいえ「運気が上がる!」と信じて行った開運アクションの後、ついてないことがあると気が滅入ってしまいますよね。

でも、実は一見ツイテナイことも、幸運の布石だったりするのです。

sponsored link

自分で自分の可能性を縛っている

開運アクションは運気の流れを整えるもの。
上昇気流を作っても、『楔』がある場合は流れに乗り切れません。

開運アクションをした時にマイナスの作用があった場合、まずはこの自分を縛りつけている『楔』が強い可能性があります。

その楔とは…

例えば高次元からの課題。生まれてくるときに願った魂の望み。本当の望み。

嫌だなぁと感じる問題があって、それから逃れようと開運アクションを起こした場合。
気の流れが滞っていて発生している事象ならば開運アクションで効果ありますが、その問題がこの世に生まれてきた課題のひとつだったりするとそうもいきません。

今生で、「体験し、克服する」または「体験し、何かしらの気づきを得る」ために発生した課題。

長年付きまとっている悩みや問題は、課題の可能性が高いようです。

いつも男運(女運)が悪い。
どうしても誰かに(何かに)依存してしまう。
善意に付け込まれて騙される。

大抵、腹くくって問題と向き合うことを求められています。
これは逃げようがないんですよね。

でも、そんなに怖いことでもないんですよ。
裏を返せば、「克服できる」とけしかけられてるスピリチュアルなテストですので。

何かしらの答えを提示する。
提示するというのは、自分の中で「私はこうだ!!」という答えを得ることです。
間違いや正解はありません。自分なりに納得できる答えを得るまでが重要なのです。

どうしても無理!ギブアップ!
と、思ったら…

やるだけやったら、運命にパスを出しましょう!
神社参拝、お墓まいり、瞑想…なにがしか高次の存在にコンタクトをとって、

「自分なりに向き合って見ましたが、どうにも辛くて壊れてしまいそうです。出来ることから頑張りますので、時間をください」
と祈りましょう。

ご本人の気質や、運命で個人差はありますが、心を壊すほど追い詰められるようなら助け舟が出るはずです。
助け船を待たずとも全力で逃げましょう。笑

問題は何か。
自分にできることは何か。
もしくは、自分の受け止め方は変えられるのか。

楔を抜いて、上昇気流に乗りましょう◎

風水や気学の好転反応

開運アクションによっては、出てきた事象が一見マイナスに感じることがあります。

病気が回復する際、一時的に体調が悪いくなることを「好転反応」と言いますが、運でも似たような現象があります。
今まで内側に滞っていた「悪い気」が外に出る過程で、膿を出すようにマイナスが出てきます。

幸運を得るために必要な、通過儀礼とも言えます。

風水だと九紫火星は滞っていた運気の「浄化」から。
六白金星は「鍛える」意味での試練が与えられる傾向にあります。

長い目で見てあなたのマイナスになる場合に、浄化の作用で仲良くしていた友人知人が離れて行ったり。
ずるずると続いていた踏ん切りのつかない邪恋に終止符を打つきっかけができたり。

人の心はシンプルではなく、未来は見えません。
雁字搦めになってしまった心は、今その時の別れに辛さを感じることもあります。
後から振り返ったらあれで良かったな…というのは、未来の自分にしかわからないので。

幸運の作用は良くも悪くも、実は機械的。

今は辛いけど、このダメな恋人と別れたら100倍幸せになれる相手と出会うから、今は辛いけど別れた方がいいね!はい、バッサリ!

不倫かぁ。この先、莫大な慰謝料請求されて泥沼で別れる未来が見えるわ…今なら傷も浅いから、相手の伴侶に気づかせよ。ハイ、バッサリ!

志望校か…でもここに入ると心を壊すほど相性の悪い人間に目をつけられるんだよなぁ。
こっちの学校なら将来やりたい仕事のコネクションもらできるし、こっちやね!ハイ、バッサリ!

なんてことを平然とやってきます…。苦笑

なので、やるだけやってダメならダメ。
切り替えて踏み出した道で努力をすると、想定以上の幸運に預かります。

「置かれた場所で咲きなさい」という渡辺和子さんの本がありますが、タイトルが至言ですね。

リアリストとしての意見

スピリチュアルを趣味にしている割には、その作用に現実的な意味も欲しくなる私です。

現実的な見方としてはですね、 脳は自分が認識しているよりも多くの智慧を宿しています。
「開運アクションを取る」という、前向きな思考に無意識が反応して、同じく無意識に理解していた「痛みを伴う未来のために決着をつけるべきこと」を実行する方向にマインドセットされるのだと思われます。

行動を起こせば未来は変わる。
変えたいと望みつつも、目に見えるメリットを捨てきれずに足踏みしてしまっていた時。

「開運行動」というのは現状突破への精神的な追い風になります。

なので、目の前で起きているマイナスは、さらに大きなプラスを生むための必要経費で、落ち込むことはないのです。
でも漠然と現実を見ていると、損をしたような気分になる。
何しろ無意識でやっているのですから、投資をした実感がないですもんね。

結果として、先に「痛み」がくるので、マイナスに感じる。
未来への投資。投資だからもちろん先払いなのです。

本当の望みとの解離

また開運して望む幸せが、あなたの幸せとズレているのかもしれません。

出会いがないなぁとひたすら恋愛運を上げる行動をしても、一向に叶わない場合、本当は異性が苦手なのかもしれません。
でも周りはみんな恋人や伴侶といてそれが当たり前だし…
しかして、それは他人のモノサシ。
あなたのモノサシとは目盛りが違うのです。

その場合は、脳にかかっているリミッター解除が先ですね。
異性への苦手意識から変えていきましょう。

具体的には、目標を緩和します。
「恋人を作る!」→「異性の友達を作る!」など、ハードルを下げてみましょう◯

人間は、期待値が高いと、現実とのギャップを見て不幸を感じてしまう悲しい性質があります。
でもそれはまやかしです!

まとめに

自分だけの幸せのモノサシはとっても大事です。
不幸の種は、8割方この測り違いによるものだったり。

他人のモノサシの目盛りは、自分とは全然違います。
若いころは、同級生や憧れる世界が持っている「モノサシ」を見よう見まねで自分の基準に合わせていく。
だから同調を求められるし、同じような基準が蔓延しているので、そこから外れると気まずい思いをする。
それは、早くから「自分のモノサシ」を作れているということで、個性…素敵なことなのだけど、まだ自信が持てない頃は、他と違うことが不安になったりする。

でも、だんだん自信がついて、外の世界に触れることで自分のモノサシだけが違うんじゃないと気づいていく。
いくつになっても周りの目盛りと合わせることを望む人もいますが、それはそれでOK。
「平均的なものを好む」という幸せの在り方だってあるのですから一概には言えません。
でも、合わせることが窮屈だと思ったら、アレンジしてもいいんですよ。

自分が嬉しいと思うことにアンテナを張り、【幸せのモノサシ】の精度を上げましょう◎
自分が本当に望んでいることは何か?
本当に起こっている事象はマイナスで「ついてない」「運が悪い」か?

地獄極楽も胸三寸

マイナスに感じてもまずは落ち着いて。
幸せに続く道を、しっかりと見極めてくださいね♪

sponsored link

down

コメントする




REINA

REINA

REINAと申します。 趣味はパワースポット巡りと開運効果検証。ラーメン好き。猫大好き。嗜む程度にオタク。 [詳細]



sponsored link