開くか閉めるか

トイレの蓋を閉める、閉めないは、割と好みがありますよね。
ネット上でもたびたび論争が起きています。

開ける派の人の理由としては、

「蓋に触りたくない!」

これですかね。

実は、筆者も外のお手洗いを使うときは、洋式便座の蓋が閉まってると、開けるのがちょっと怖いので、外では開けっ放しにしてます。

だって流れてないかもしれないじゃないですか!!( ;∀;)
あと触りたくない…わかる、触りたくない。
閉ってる場合は戦々恐々、トイレットペーパーを使って、直接触らないで開けるようにしています。

で、終わったらさっさと出る。

だから、閉めない派の気持ちは、よ~~~~~く解るのですが…
風水的には…閉めたほうがいいんだなぁ(;´・ω・)

風水では、トイレの蓋は閉めるが吉!!

まず、「蓋」という機能がついているので、あるべきままに使用するのがヨシです。
開けたら、閉める。

またトイレは家の中でも「陰」の気が強い場所。
便座の中はまさに不浄を流す場所です。
汚れや臭気などから、どうしても悪い気が停滞してしまいます。

具合が悪い時は、病原菌も排泄物と一緒に出されますので、ウイルスや菌もそこにあることになります。

そういった「悪い気」を外に出さないようにするために『トイレの蓋を閉める』ことが開運アクションの1つとされているのです。

きれいなトイレ

そもそもトイレは汚いのがダメ

なので、自分のテリトリーである家の中ではちきんと蓋を閉めましょう!

外ならともかく、家の中で「汚いから蓋に触りたくない」は通じません。
自宅のトイレは普段からピカピカにしておきましょう!
少なくとも、触りたくないレベルでは運気が上がるはずがありません!

外出先はともかく、自分が掃除をできる場所ならば、触れるレベルでキレイを保って、蓋を閉めるのが良いでしょう◎

トイレの開運効果に関しては、過去にも記事を書いているのでそちらもご参考にどうぞ。

トイレットペーパーは折る?折らない?

トイレの蓋と同様に好みが分かれるのが「トイレットペーパーは折る?折らない?」論争ではないでしょうか。

私が知る限り、藤原紀香さんの最初の結婚(陣内さんとの結婚)で話題になった占い師の直居由美里さんが、風水効果として紹介されていたような…記憶があるのですが、今持ってる著書からは確認できませんでしたすいません(;'∀')
実家にある本だったかな…

でもツイッターを発見。

「折らない派」は用を足した後の汚い手でトイレットペーパーに触らないで!!というご意見ですね。

私も前述の風水の本を見て一時期外でも家でも「トイレットペーパーは折る」を実践していたのですが、生理的に無理と嫌がる人もいると知ってからは外ではやっていません。

実践していたころ、外のトイレに並んでて、後に入った友人が「女子力高いっていうか、きちんとしてるね!」と好意的だったので、好む方も多いとは思うのですけどね。
トイレットペーパー切り取った後、使う先に折るから、万が一にも汚くはないとは思うのですが…
個室の中はミステリーなので、後で見た人に「なんとも思わない」と「いやな気分になる」が多いのならば、それは本望じゃないなぁと、外ではやらなくなった次第です。

今でも家の中ではなるべく実践するようにしています!
折ると、開運は度外視するとしても、見た目がきれいなんですよね♪

「折り目をつける」「折り目正しい」など、美しい作法や礼儀正しさに繋がる「折る」という行為は、開運アクションには違いないと思います。

元々はホテルなどの清掃の「掃除完了していますよ」サインとも聞きました。
このお手洗いはきれいですよのサイン。

お家のトイレットペーパーは、お掃除の後だけでも折ってみてはいかがでしょうか?

トイレットペーパー

まとめに

このように、私はいろんな現実的な意見と、風水的な見地から…

外ではトイレの蓋は閉めない。
家の中のトイレの蓋は閉める。

外ではトイレットペーパーは折らない。
家の中のトイレットペーパーは折る。

という、なんとも面倒な習慣になってしまいました。笑

私は風水や占いに類が大好きですが、それは人に押し付けるものではありません。
風水的な作法と、興味ない人の好みとは乖離することも多いです。
基本的には、たくさんの人が快適になるように心を配ることの方が幸福を呼びます!

例えば家族内でやり方が違うならば説得もできましょうが、理解を得られない場合は風水効果よりも相手の意見に合わせてもいいんです。
風水的にはNGでも、相手を尊重する行為自体は徳が上がる開運アクションですから。

共同スペースは、一緒に使う人がどう感じるかを中心に、自分のやり方を決めるのが正解かと思います!

by カエレバ

 

おすすめの記事