ゲストハウストンボ看板

しょ、衝撃。
以前泊まった京都の『ゲストハウス トンボ』四畳半神話大系の主人公の家のモデルだったのか…聖地じゃないか!
知らなかった~~~~~普通に泊ってた~~~~~~~~(*_*;

森見登美彦さんのファンで、「四畳半神話大系」は小説もアニメも履修済みなんですけど…

全然気づかなかった。
気づかないまま宿泊し、気づかないまま夜の下鴨神社に猫ラーメンを探しに行ってた。笑

ゲストハウストンボ入口

雰囲気のある入り口。
最初、入る場所がわからなくて見落とした細い路地。

スポンサーリンク

ゲストハウスのドミトリーは怖くない!

私が『ゲストハウス トンボ』に泊ったのは、2018年の12月。
この時は1週間くらいかけて、京都府の神社巡りに行ったのですが、目的はスピリチュアリストとしての神社参拝や方位効果の検証…つまり慰安旅行ではなくフィールドワークなのだから、無駄にお金は使ってはいけない!という謎の縛りで、ドミトリーをハシゴしました。

ドミトリーを使うのは、この時の旅行が初めて!!

それまで安くてもビジネスホテルまでしか使ったことがなかったので、憧れがありつつ心配も大きく…

でも結果的に全然平気でした。
とはいえ、私は人見知りの陰キャなので、誰とも交流するつもりはなく。笑
お風呂に入れて寝られれば何でもいい!!って感じだったのですが、何も問題なく宿泊できました。

『ゲストハウス トンボ』には2泊しました!
2泊目は隣の部屋からは男女の話し声がしたので、交流を楽しみたい人はそれも可能かと思います。
聞くつもりはなくとも聞こえてくる内容から、初対面で意気投合していた様子でしたよ♪

気にせず眠れてしまったけど、声が気になるような神経質な人は耳栓があったほうがいいかな。
壁は薄いです!

2段ベッドの1画が自分のスペース

どこのドミトリーもだいたい2段ベッドが所狭しと並んでいて、カーテンでプライバシーを守る感じです。
2段ベッドの強度加減は、各ゲストハウスで様々ですが…
『ゲストハウス トンボ』は簡素な方ですね!笑

中から撮った写真がこちら。

ゲストハウストンボ内装

12月と寒い季節だったからか、電気毛布がありました!

年季の入った日本家屋といった風情で、部屋に入る時もガラスの嵌った戸がガタガタします。
でもその雰囲気がすごくいい!風情があるんですよ~。

寝泊まりするのは2階で、1階は共同スペース。
自由に使える(らしい)キッチン、コタツのある居間。
シャワーも1階です。鍵がかかるので、人がいない隙を見計らってさささっと入る感じ。

スポンサーリンク

読書スペースがとても素敵

以前別の記事でも書いたのですが、『ゲストハウス トンボ』に泊まる前に、偶然立ち寄った本屋さんで、偶然手に取って購入した本の仲間を発見して大興奮。
詳しくは別記事でも書いたのですが、こういうシンクロニシティが吉報旅行の醍醐味なんですよねぇ。

京都嵐山の古本屋さん『London Books(ロンドンブックス)』に迷い込み、素敵な本との出会いがありました♪

ゲストハウスの裏手にすぐ叡山電車が走っていて、窓から眺められます。
最初着いたときは誰もいなかったので、コンビニで買ったつまみを食べつつ一杯いただいてしまいました。

タイルがまた風情ある( *´艸`)

窓の外はこんな感じ。
窓に映ってるのは夕日ではなく照明です。笑

叡山電車~♪

洗濯について

館内設備でコインランドリー(有料)があります。
私は散歩がてら外のコインランドリーに行ったので使っていないのですが…
ゲストハウスは長期滞在する人も多いので、どこもコインランドリーが設置されてますね。

私としては、どうにも半分人の家にいるような気分で、キッチンや洗濯機を使うのに抵抗がありまして…。笑
このへんがまだまだゲストハウス初心者ですね。精進します!!

吉方位の場合、洗濯も開運アクションになるので、できるならしたほうがいいですハイ。

ちなみにコインランドリーも人生初だった(*‘ω‘ *)

宿泊料金は2泊で5000円!

女性用ドミトリーで2泊5000円!1泊2500円!
12月で紅葉シーズンが終わっていた時期。シーズンオフにあたるのかな?

2泊目に寝るとき話し声が聞こえた~と前述しましたが、初日は確か私しか宿泊者いないって言っていたので。笑

2段ベッド2つで、4人泊まれるドミトリーだったんですが、独り占めですね。
これも幸運…というか、方角が良かったからかな~と自分で納得してたのですが(*'ω'*)

それにしても安い!
ビジネスホテルなら最低ラインで1泊4000円くらい?
シーズンやキャンペーンによるけど、それ以下だとカプセルホテルが多いので、だったらドミトリーでいいなぁという印象です!

まとめに

最初は女性の一人旅でゲストハウス宿泊は不安もありました。

治安は良いのかな。
変な人と同室だったらどうしよう。
もし異国の人が同室だったらどうすれば?
英語話せないけど大丈夫かな…
ゆっくり眠れるかな…

結構不安だったんですけども。

結果的にはなーんにも心配いりませんでした。
交流したければしてもいいし。
したくなければさっさと自分のベッドに入ってカーテン閉めちゃえばOK。

スタッフさんも親切で、設備については最初にきちんと説明してくださいました!

この時の旅では全部で5泊くらいしたのですが…
フィールドワークの結果をまとめるのに、落ち着いて書き物ができる日が欲しかったので、1日だけ個室のホテルに泊まって、それ以外はドミトリー。

1泊や2泊なら疲れの方も全然問題なし!
どこのゲストハウスもプライバシーが守られていて問題なし!
誰とも交流しなくても問題なし!!笑

この時を境に結構ドミトリーに泊まるようになったので、またの機会にほかの施設も体験レビューをご紹介させていただきます('ω')ノ

ゲストハウスを使うと長期滞在でも予算の調整がしやすいというか、上手にビジネスホテルや温泉付きの高級旅館等と組み合わせてるのもおススメですよ♪

『ゲストハウス トンボ』さんは佇まいが素敵なので、ぜひ公式サイトや旅行サイトの写真もご覧になってください!!

ゲストハウス トンボ【公式サイト】

ゲストハウス トンボ【楽天トラベル】

おすすめの記事