【神社】東国三社 息栖神社 茨城県神栖市 <招霊(オガタマ)の木><忍潮井(おしおい)><御衣黄桜>

<息栖神社の基本データ>

御祭神:
久那斗神(くなどのかみ)
天乃鳥船神(あめのとりふねのかみ)
住吉三神の上筒男神・中筒男神・底筒男神

ご利益:厄除招福・開運守護・交通守護

御朱印:有 初穂料は500円

塩:なし

土:なし

水:有 手水舎の奥に湧水がある(※筆者未確認

駐車場:有(無料)

住所:〒314-0133 茨城県神栖市息栖2882

電話番号:0299-92-2300 (社務所)

社務所の時間:8時30分~16時

息栖神社 公式HP:【公式】息栖神社 (ikisujinja.com)

鹿島神宮、香取神宮の両神社からとも、車で20分くらいです!
利根川沿いにあり、忍潮井の奥から利根川を見渡せますが美しく気持ちの良い場所にあります♪

息栖神社は東国三社のうちのひとつ

東国三社は『鹿島神宮』『香取神宮』と並んで『東国三社』に数えられる神社です。

国譲りの神話で、葦原中国を平定する際、武御雷神(鹿島神宮の御祭神)と経津主神(香取神宮)を先導したという久那斗神。
神様の使者、または乗り物という天乃鳥船神。
住吉三神は海の安全の神様。

陸、海、空の交通安全を司る神社として篤く信仰されています。

神主さんの話によれば、航空会社や海上保安庁の方が交通安全の祈願にいらっしゃるそうです。

久那土神は風を吹かせて福を招き厄を払う。
道案内の神でもあり、井戸の神様でもある。

立地は鹿島神宮、香取神宮の間…にあるんですが、3社を線で結ぶときれいな三角形になるという不思議。

桜井識子さんによると、なんでも陸に向けて大きく働く鹿島神宮のパワーと、大海に向けて大きく働く香取神宮の神様のパワーを調整というか丸くまわす役割があるのだとか。

なので、『鹿島神宮』『香取神宮』はとても大きなパワーをいただける神社ですが、『息栖神社』も含めてしっかり3社めぐることで、全ての神社のパワーを上手に持ち帰れるのではないかなと思います(*^^*)

桜井識子さんの『鹿島神宮』『香取神宮』『息栖神社』のお話はこちらの本に載っています。

こちらにも「人間関係&恋愛」の章で『息栖神社』について少し記載があります。

息栖神社のパワースポット

御神木

息栖神社の御神木

1000年を超える杉の木。
途中から二股になっている夫婦の木だそうです。

真正面から見ると二股が見えないので、左横から見るといいとのこと。

御神木は触らない方がいいとも聞きますが…
神主さんが触る許可出してるので、その場合は抱きついてOKとのことでした。笑

しかし神木のエッセンスをいただくのは胸の前のあたりで受け止めるイメージが有効らしいので、見上げて受け止めるように御神木のパワーを受け取ることをお勧めいたします。

招霊木(おがたまのき)

息栖神社の招霊の木

オガタマの木は非常に珍しく、ここにしかないそうです。
厳密には、東京の常陸宮殿下のお庭にあるらしいのですが、実際に目にできるのはここだけ、なのだとか。

幸運をもたらす精霊が宿る…
その精霊が龍神様!というのですごいですね。

5月半ばには花が咲き、甘く上品な匂いがするとのことで、その香りを目的に皆さん再訪されるんだそうです。

1円玉の木ということで、オガタマの木の前には1円玉を奉納する場所がありました。

御衣黄桜(ぎょいこうさくら)

こちらも珍しい、緑の花が咲く桜!!

オガタマの木のようにここでしか見れないわけではないらしいですが(皇居にも咲くそう!)、数は少ないとのこと。

テレビでも紹介されたとかで、こちらを目的に訪れる人も多いそうです。

那岐の木(なぎのき)

息栖神社の那岐の木

なぎは「凪」に通じ、丸くおさめる繋がる。

そして葉脈が縦筋で、それが切れない。転じて縁結びの御利益があるんだそうです。

3か月~4か月とよく保つので、サカキの代わりにもなるとか。

稲荷神社

息栖神社のお稲荷さん

境内の入り口にあるお稲荷さん。
こちらのお稲荷さんもパワーが強いとのこと。

狛狐さんが赤いお召し物でデコられててかわいかったです。笑

息栖神社の狛狐かわいい

鳥居をくぐってすぐの大黒天様と親子猿の像もすごくかわいかった。
こちらがまた良い表情してるんだ。笑

大黒様と猿

好きなお稲荷さんだなぁと感じたので、またこちらにも参拝したいな(*'ω'*)

忍潮井

息栖神社の忍潮井

一の鳥居の両側にある「男瓶(おがめ)」と「女瓶(めがめ)」。
その中で泳ぐ「鯉」を見ると幸せになれるというジンクスがあります。

「男瓶」の方は白や赤のはっきっりした色の鯉が泳いでいるので見つけやすいんですけども、「女瓶」の鯉は黒なので、水面の光の反射によっては見つけにくい!

でも2匹はどちらの瓶でも確認できたので、よ~~~~~く覗いてみてください。笑

息栖神社の忍潮井の鯉

忍潮井は日本三霊泉に数えられ、男瓶の水を女性が、女瓶の水を男性が飲むと、ふたりは結ばれる…という言い伝えがあります。
今は水を汲んで飲むことはできませんが、境内の手水の奥で、湧水を持ち帰れるそうです。

…マジかー!!
すいません、今言い伝えを調べながらこれ書いてて初めてお水取りできることを知りました…。
なので、自分で確認はできていないのですが、お水取りもできるみたいです。しかも恋愛に効果ありそうなお水!!

筆者未確認ですが、息栖神社の公式ページに載っていた情報なので確かだと思います。

次は写真撮ってきます!

息栖神社は猫がたくさんいる!!

息栖神社の猫1

息栖神社はいつ行っても猫がたくさんいます( *´艸`)

猫好きとしては嬉しいところ!!

息栖神社の猫2

駐車場の近くにあるお手洗いの近くに餌場があるようで、そのあたりを中心に微妙な距離感の猫たちがチラホラいます。

かわいいです!

まとめに

場所的に車で参拝するのが一番おすすめですが、ハトバスツアーも人気な様子。
今(2021年3月)はコロナの影響でまだ止まっているようですが、再開のめどは立っているそうで、予約が増えてると神主さんがおっしゃっていました。

神主さんが面白い方で、参道で人が集まると息栖神社について詳しくお話してくださいます。
私のように神社めぐりが趣味の人には一気に詳細が聞けてラッキーです!笑

だいたい15分くらいかな。
前回参拝した時にはいらっしゃらなかったので、これはタイミングですね。

今回の東国三社めぐりでは、「鹿島神宮」「香取神宮」で今期の野球の必勝祈願をしてきたんですけども、息栖神社だけは人間関係円満を祈願しました。

3年ぶりの参拝でしたが、またも桜がほぼ満開の良いタイミングで、お天気も雨予報から曇り晴れに変わり、歓迎サインたくさんで嬉しかったです。

神奈川からは少し遠いですが、3社とも大好きな神社なので、またなるべく早く再訪できたらと思います。

おすすめの記事