ウズラボイス

【九星気学】吉方効果!検証北東の七赤金星(月盤)の効果で人間関係の変化~方位効果の出方について~

time 2018/03/10

【九星気学】吉方効果!検証北東の七赤金星(月盤)の効果で人間関係の変化~方位効果の出方について~

もうかれこれ10年以上『祐気取り』を行っています。

祐気取りとは、太極(自宅。寝泊りしている場所に宿る)から見て吉の方位(=吉方)に出向き、祐気(良運)を取り込むという攻めの開運術です。

いちばん最初にこの方法を見たのは、美輪明弘さんの本だったような気がしますが…
20代で追っかけのようなことをしていた当時の私は、日本国内ならば様々な場所に出かけていました。
昔から占いや風水などのスピリチュアルな世界が好きでしたので、さっそく独自に情報収集をして、自分の動きから検証を開始。

当ブログ『ウズラボイス』が「実践検証開運ブログ」としているのは、ここが出発点です。
私には霊感はありません。
守護霊様が強いのか、悪い霊障にあったことはありませんし、不思議体験も1度きりです。

なので、スピリチュアルブログを書いてはいますが、なんでも鵜呑みにすることはしません。
スピリチュアルに依存はしない。

占い師も、霊感でやってる人なんてひとにぎりです。
オーラが見えるとか、「ほんとかな?」と思ってしまう側の人間なのです私は。笑

一応、存在は信じてるんですけどね~。
きっと「オーラが見える」人もいると思います。
それは、霊感とも言いますが、共感覚で説明がつくものでしょう。

音が色で見える人がいるのだから、個々の特性を色で見える人がいてもおかしくないです。

でも本物は一部。
思い込みが何割か。脳の機能障害が何割か。ペテンが何割か。

だから私はシステムと体験を通した経験則で語っています。
脳科学、心理学、精神論、哲学…そしてオカルト。
それらが混ざったものをスピリチュアル(精神的なもの)として。

その理解で取り入れる分には、幸福へ導くうえで、「スピリチュアル」はとても有効な手段だと考えています。

sponsored link

北東の七赤金星

さて、前置きが長くなりました!
初回なのでスタンスを提示するのは必須かと思いまして恐れ入りますすみません…。

今回、昨年6月に行った北東七赤金星(月盤)の効果を実感したので備忘録に。

条件は以下!

年盤の北東は四緑木星(相剋)
月盤の北東は七赤金星(相生)
日盤も相生。
距離は50km以上
日帰り
神社の参拝(麻賀多神社

北東の七赤金星の効果は、

・人間関係の良好な変化
・親戚や友人らからの援助
・貯蓄運のアップ
・不動産運のアップ

などの幸運を授かると言われています。

今回実感したのは「人間関係の良好な変化」ですね。
北東は「変化」の方位。
今ある人間関係が改善されるのではなくて、がらっと様変わりする。

苦手だな~~~~という人とは縁が切れて、新しい出会いがあり、自分を取り巻く環境が変化します。

10か月目にあたる今月3月。
私の場合、嫌いなわけじゃないんだけど、どうしても仕事の面で折り合いが悪く、上手くコミュニケーションが取れなくてストレスになっていた職場の人が、ごっそり移動になりました。
代わりに新しく配属された人達は相性が良いのか、上手くやっていけそうです。
結構突然なお達しで、かなり驚いたのですが…6月に行った祐気取りから10か月目だなと気づいて妙に納得。

まぁ、縁切り風水の成果かもしれないですが…。相乗効果かな?笑

私は方角的には行きたい場所が多いことと、星的に自分にとって吉方になる機会が多いことも相まって、よく北東に祐気取りに行くのですが…
「変化」が妙にしっくりくるタイミングで発生するように思います。

今回のように人間関係に限らず、転職だったり、行きつけのお店の移転、生活習慣など。
何か停滞した空気を変えたい場合は、東北のパワーが上手く活用できると思います。

方位の効果の出方

方位の効果が出るのは、吉報に移動した日(初日)を基点に、

1、4、7、10、12

のタイミングで顕れます。

今回の例なら6月に吉方を取ったので、

6月(1)、9月(4)、12月(7)、3月(10)、5月(12)

私の体感で、「7」と「10」がいちばん強く効果が出るように感じています。
今回も、話が動き始めたのは12月(7か月目)、全て変化が終わったのは3月(10か月目)でしたし。

月の祐気取りがいちばん効果を検証しやすいですね。
日盤レベルだと幸運がささやかで、日々の開運アクションのどれが出たのかわかりずらく。
年盤レベルだと今度は影響が大きすぎて、追い切れません。笑

ちなみに日盤なら1日目(当日)、4日目、7日目、10日目、12日目。
2週間以内に効果は出てくるとみえます。
早いんだけどささやかだから気がつきにくい…同僚からチョコレート貰ったとかそのレベルです。笑

年盤は1年目(当年)、4年目、7年目、10年目、12年目。
効果がなかなか出ないうえに、出たとしても大きな括りなので難しい。
でも転職のタイミングや方向、家族の大きな動きなどは、年盤の影響を感じることが多いです。
年盤効果は60年続くと言われますので、引っ越しなどは慎重にしないといけません。

12のタイミングの後も、実は影響は消えてません。
60まで…日盤で60日後(3か月後)、月盤で60ヵ月後(5年後)、年盤で60年続くと言われていますが、どうでしょうね~~~。
私はもう影響というより、地運に混ざるのではないかと考えています。
祐気を取り込むほど幸運体質に鍛えられていく印象です。

効果が出やすいのは7と10と書きましたが、1…つまり祐気取り当日も影響はわかりやすいですね。
意識してるのも大きいんでしょうが、旅行の場合などは運びが良いです。

狭い4列シートの高速バスだけど、隣がいなくて圧迫感なく使えるだとか。
1時間に1本しかこない田舎のバスがちょうどよく来たりとか。
予報は雨だったけど、外にいる間だけ晴れ間が差していたとか。
追っかけしてた時なら、出待ち大成功とか。

逆に大凶方位で年盤単位の遠出したときは、大惨事になりましたね…(『本当は怖い九星気学~4大凶方体験談~』参照)
今となってはそれも良い思い出です。笑

凶方必ずしも凶ならず

さて、祐気取りを実践していて効果を実感してしまうと…
もう凶方位には全然行きたくなくなるんですよね!!!笑

わかる。
とてもわかります。

しかし、凶方必ずしも凶ならず…
時には凶を被ることも必要なのです。

人間には徳と業があります。

ざっくり説明すると、良いことをすると徳が貯まり、悪いことをすると業が溜まる。

しかして、生きている以上まったく業を溜めないこと等不可能なのです。
生きるためには食事をします。
植物でも、家畜でも…何かの命を糧にして、私たちは生きていきます。

ただ、動物を食べるよりは確かに業は溜まりにくいようです。
僧侶は精進料理を食べますが、煩悩や殺生から遠ざかるためといいます。

でもベジタリアンだから業が溜まらないということもないのです。植物だって命ですから。
修行している僧侶達は、極力「業」を避けながらも、それでも生まれる業を雪ぎ続ける生き方をしているのですね。

一般人もそれはもう日々業を溜めこんでいるというわけです。
業は、不運に見舞われる…艱難辛苦を乗り越えることで解消されると言います。
耐え忍ぶことこそ徳を積む最良の方法です。

とはいえ!!
人生、どんなに逃げ回っても、艱難辛苦はやってきます。
「若いころの苦労は買ってでもせよ」と言いますが、買わなくてもどんどん来ますからわざわざ買わんでよろしい。笑

もし、不運が続くなーと感じる時は、業を晴らす必要がある時なのかもしれません。

徳分は、幸運を得るための必須条件ですが、せっかく徳が貯まっても、業が足を引っ張っては大きな幸福は得られません。
先にある程度業を払う必要があります。

豊臣秀吉は若いころある占い師に勧められて、五黄殺(※最大凶方位のひとつ)を取らされたと言います。先天の運が非常に強いので、五黄殺で苦労することで業を晴らして来いというわけです。

『ネコにも分かる気学入門』より引用

なんて話もあります。
余談ですがこの『ネコにも分かる気学入門』の著者、深見東州さん、宗教団体の代表(神道系の新興宗教ですが過激ではない様子)だったり、謎のユーモアセンスで書籍を刊行していたりと、若干うさんくさいけど、いいこと書いていて私はけっこう好きです。笑

徳と業の考え方について、私はこちらの思想がいちばんしっくりきています。

過ぎたるは及ばざるがごとし。
なるべく凶方位は避けるとしても、会社の出張、親戚や友人知人の結婚式、誘われた旅行…凶方位だとしても、呼ばれた場合は腹をくくって出かけていく方が、最終的には運がひらけるということですね!
その際、凶方位対策は忘れずに!です。

ちなみに、徳と業は相殺できません。
ぷよぷよ初代です。…わかりにくですねすいません。
(初代ぷよぷよは連鎖で発生するお邪魔ぷよを相殺出来ないんですよ。続編の「通」からはお邪魔ぷよを打ち消せるんですけど)

徳は徳。
業は業。

どんなに徳を積んでも、嬉しい奇跡が起こる反面で、業が溜まったままなら悪いこと(業を解消するための試練)も同時に起こる。

なので、適度に不運にも見舞われていた方が運勢的には健康と言えましょう。

方位の効果も相殺できないんですよね…
即ち、吉方に行った方徳で良いことが起きても、凶方に行った方災は打ち消せない。

きっと、そういうものなんですね。

まとめに

個人的な体感として、祐気取りの効果は実感があります。
方位と、日にち、距離。
しっかりと調べて実行すれば開運間違いなし!

人間関係を一新したい!とお悩みならば、東北の七赤金星を取ってみてはいかがでしょう?

あ、七赤金星回座が使えるのは【一白水星】【二黒土星】【五黄土星】【八白土星】の方です。
七赤金星が相剋や本命殺にあたる人は、一白水星や四緑木星が東北に回座しているときにも人間関係に好影響を与えてくれますよ♪

私は今月も東北に祐気取りに行く予定です。
人間関係は解決したから、次は貯蓄運が欲しいなー♪笑

気学の本は定期的に購入して読んでいるのですが、こちらも見やすくておすすめです。
1冊あると効果もわかりやすいですし、祐気取りがしやすいですよ♪

sponsored link

down

コメントする




REINA

REINA

REINAと申します。 趣味はパワースポット巡りと開運効果検証。ラーメン好き。猫大好き。嗜む程度にオタク。 [詳細]



sponsored link