【ラッキーモチーフ】『リボン』のスピリチュアルな意味や風水の効果!絆や縁を結ぶモチーフ

プレゼント、贈答品のラッピング仕上げに、またファッションの装飾などで使われる『リボン』。

きれいな包装紙に包まれた贈り物にを華やかに彩っているリボンは、「なにか想いのこもった特別なもの」を象徴しているようで、見てるだけでウキウキします。

先日誕生日でして、職場の方にちょっとしたものをとお菓子やらいつも飲んでるジュースやらを頂いたのですが、『リボン』のシールが貼ってあったりするだけで、プレゼント感が上がるものだなぁと。笑
嬉しかったです( *´艸`)♪

今回はそんなポジティブなイメージのある『リボン』について、スピリチュアルな意味をご紹介したいと思います。

リボンは縁を結ぶもの

花とリボン

リボンは「縁を結ぶ」開運モチーフです。

むすぶ、くくる、つなぐ。

「紐」に通じる概念ですが、リボンはその用途として、「結ぶ」ことに特化しています。
この「結ぶ」という行為は、人間が道具を使い始めたころからあったはずの概念です。

石器時代にネアンデルタール人が紐を使っていたかもしれない…なんて言われているくらいですから、「繋げるもの」「まとめるもの」という概念はDNAレベルで浸透している…とみていいのではないでしょうか?

スピリチュアルな視点では、縁…見えない繋がりをも「結んで」くれるものと見ます。

人と人との縁
人と物との縁
人と事象の縁

縁は、対人だけでなく、この世で起こるすべての出来事に作用します。
中でも「人と人との縁」は…見えない糸のようなものが繋がれるイメージがあります。

運命の恋人とは小指に赤い糸が繋がっている。
なんて話が有名ですね。

桜井識子さんの『神様が教えてくれた縁結びのはなし』という本に、台湾の縁結びの神様が登場するのですが、見えない世界には赤い糸は比喩ではなくあって、それを「引っ張る」ことでお相手を強く引き寄せる…のだとか。面白いですね!

他にも、魚座の神話であるアフロディーテとエロースの話でも、怪物から逃げるために川に飛び込む際、離れ離れにならないように、二人の足を紐で結んでから飛び込んだ…というくだりがあります。
魚座は「ひも」で結ばれた2匹の魚を表しています。

他にも、自然に切れるまで結んでおくミサンガ(プロミスリング)などにもあるように、願いや祈りを込めて「まとめる」「綴じる」イメージも。

日本だったら「水引」という文化もあります。

水引は未開封であるという封印の意味や魔除けの意味、人と人を結び付けるという意味あいがあり、水引結びは引けば引くほど強く結ばれるものが多い。

ウィキペディアより引用

「綴じる」ことで魔よけの祈念もしているんですね。

総じて、『リボン』は世界中で「縁を結ぶ」意味が共通認識なのです。

風水では『リボン』は四緑木星

レースのリボン

風水(九星気学)の分類だと、『リボン』は四緑木星の象意となります。

「細長いもの」なので、スピリチュアル的には「リボン」も「紐」も意味は近いというわけです。
「結び」「繋げる」ことが大事なこと。

四緑木星は「遠方との縁」「信用」「物事をまとめる」象意があります。

『リボン』の性質からも納得ですね!

『リボン』を使った風水術

・バッチリ手入れした「髪」を『リボン』で結う

身体の一部である「髪」も「細長い物」で、風を通すので四緑木星のパワーが宿っています。

髪はもともと思念が溜まりやすいパーツなのですが、きちんとお手入れをすることで日々の邪気を払い、「願い」「ポジティブな思念」を強化することができます。
よく呪術に「髪の毛」が使われるように、重要なパーツなのです。

スッキリ!髪を切ることで得られるスピリチュアルな開運効果♪カットに最適な時期は?

実は「結う」だけでも効果があるのですが、『リボン』という相性の良い適切なモチーフを重ねることで効果がアップします♪

・アクセサリーでリボンモチーフを取り入れる

ブレスレット、ミサンガ、ネックレス。
「首」の部位…手首、足首、頭と胴を「繋いでいる」首にリボンを巻き付けると、「繋ぎを整える」ということで、身体を巡るエネルギーを循環しやすくしてくれます。

布製のリボンを巻いてもいいですが、現実的にはアクセサリーで「カタチ」としてリボンのモチーフを取り入れるのがおすすめです。

ピアス、お洋服、靴にあしらわれた『リボン』も「整える」効果を発揮します。

開運的におすすめはブレスレットですが、個人的にはピアスが好きです。
「良い知らせ」を運んでくれるように祈りを込めて付けます♪

まとめに

お菓子とリボン

そういえば…と思い出したのが、以前行ったフェスで入場パスとして手首にリボンを巻いたなぁと。

あれは良い文化ですね!!
『リボン』が持つ「繋がり」「縁」「心が通う」などの効果が上がります。

他にもリボン運動と呼ばれるピンクリボン運動とか、ブルーリボン運動とか…
繋がり広出て賛同者を増やすシンボルに『リボン』が使われてるのは納得だなと。

プレゼントのリボンは想いを綴じるもの。
シンボルのリボンは繋がり、縁を広げるもの。
自身にあしらうリボンは、良縁を呼びプラスのエネルギーを調えるもの。

目的に合わせてリボンモチーフを使っていきたいですね♪

おすすめの記事