ウズラボイス

吉方で開運するなら、何はなくとも最強アクションの【温泉】に入ろう!

time 2017/03/11

吉方で開運するなら、何はなくとも最強アクションの【温泉】に入ろう!

方角と日取りを読み移動(旅行や引っ越し)をすることで開運する九星気学の極意。

自分と地球の『気』の交わり、流れているプラスの気を取り込んで開運する術。
「旅行風水」や「方位取り」、「お水取り」「方違え」などなど…
色々な名前で出回っていますが、基本的に根っこは全部一緒です。

方位それぞれに意味や象徴が定められています。
意味を増幅することで、方位の力を強めたり、マイナスの力は相殺するように反対の力をぶつけるなどして運気を上げます。

それらの象意を意識的に行うことにより、吉方の旅行先での『おすすめアクション』が決まるのですが、何よりも手っ取り早く、かつ効果が絶大なのが【温泉に入ること】!!

吉方位で入る温泉は最強の開運アクションなのです♪

sponsored link

温泉は地球の恵み

なぜ温泉が最強の開運アクションなのか。
それは九星気学の「木」「火」「土」「金」「水」…5行の力がすべて備わっているからです。

温泉は、『地熱で温められた(火)温水(水)が、地中(土)で鉱物成分(金)や植物成分(木)を含みながら地表に現れた』もの。
温泉に入浴することで、全身の肌を直接浸すのですから、その効果たるやおして知るべしです!

泉質による開運効果

温泉は入るだけで五行の効果全て取り込めるのですが、泉質によってさらに強化される運が変わるのでご紹介します♪

単純泉

刺激の少ないマイルドな温泉。
万人におすすめの優しい泉質は、基本になる【健康運】がアップ。

またリラックス効果が高く、【心の安定】【愛情運】がアップします。
この【愛情運】は、恋愛運というよりは「愛する気持ち」が育まれる運です。
爆発力はないけど、にじみ出るように愛情が湧いてくるイメージでしょうか。

塩化物泉

塩が主成分の塩化物泉は、海には行った時のような【浄化】の作用が得られます。

温泉効果で血行が良くなり療養としての『冷え性改善』が期待できます。
これは目に見れない『気』にも作用し、 邪気払い効果も相成り【トラブル解消】で運びが良くなります◎

硫黄泉

ゆで卵のような臭いが特徴的な硫黄泉。
硫黄は強いんですよね。泉質の意味でも開運の意味でも。

ずばり【金運】に効きます。
また【一発逆転】【現状打破】の停滞しているものを突破する運気を得られます。

とはいえ、湯あたりには気を付けてください。笑
強力だからと欲張って吸収しようとすると、運気が乱れます。
硫黄泉は強力なんだけど、「陽極まりて陰となる」ではなくて、逆の「陰極まりて陽となる」五黄の要素を感じるんですよね…。

※五黄は『腐敗』『破滅』『死』などの意味を持つ「全てを支配する」強い星なのです。

酸化水素塩泉

「美肌の湯」「清涼の湯」と呼ばれる、爽やかなビューティー温泉。
気質も若々しいというか、『木』気を感じる泉質。

【恋愛運】【出世運】に効果あり。

もちろん【美容運】にも効きます!
これは開運なのか温泉の療養効果なのか微妙ですが。笑

含鉄泉

鉄分を含む含鉄泉。
飲泉すると造血作用もあるといいますが、飲める温泉と飲めない温泉があるので、確認してくださいね!

こちらはその効果から『婦人の湯』とも呼ばれています。

【家庭運】【結婚運】に効果あり。

効果的な温泉の入り方

一度に長~く入るよりも、ほどほどの入浴を数回に分けて堪能する方が効果的!
開運でも美容でも健康でも、この入り方が推奨されています。

また、湯上りは保湿をしっかり!
特に『美肌の湯』と言われている炭酸水素塩泉は、肌を柔らかくする美肌効果はありますが、保湿効果がないどころか水分飛ばしてしまうので…
炭酸水素塩泉に入った後は、すぐに保湿するのが大事です!

温泉宿だとだいたい化粧水が置いてあるので、私はここぞとたっぷり利用させていただいてます♪笑

もう一度入るときは、またかけ湯してから入りましょう◎

まとめに

泉質についてですが、実践検証と九星の特徴と照らし合わせて効果を提示しています。
気学や風水の流派、見る人によっては効果も変わるかもしれません。

おおまかな分類はされていると言っても、時代や解釈によってずれが生じるのですよね。

だからこそ日々検証しているのですが…
個々人の持っている素養によっても効果は変わってしまうのでご容赦ください。

しかし、温泉に入ることで運気が上がるのは確かです♪

旅行先を選ぶときには、温泉もこだわってみてくださいね!

sponsored link

down

コメントする




REINA

REINA

REINAと申します。 趣味はパワースポット巡りと開運効果検証。ラーメン好き。猫大好き。嗜む程度にオタク。 [詳細]



sponsored link