水彩カラス

神社仏閣巡りをしていると、さまざまな動物に出会います。

鎌倉のお寺で出会うリスや、沢や海が近い場所にある神社の参道で待ってるカニ。
自然が多い場所なら「偶然かな?」と最初は思っていましたが、神社で遭遇する吉兆はすべて神様からの歓迎サイン。

嬉しいですね!

その中でも最近気になる動物がいたのでご紹介します。そう、カラスです!

case1:伊勢山皇大神宮で出会ったカラス

屋根にカラス

先日、伊勢山皇大神宮に参拝しました。
大好きな神社ですが、少し久しぶりの参拝になります。

到着すると社務所に1組の女性参拝客がいらっしゃいましたが、本殿でご挨拶をしている間に帰られたようで、しばらく広い境内に一人きりでゆっくり参拝することができました。

伊勢山皇大神宮は、本殿の前にちょこっと座れるところがあります。
とても気持ちの良い日和で、ちょうど時間的に日陰になっていたので、しばし座って神様とコンタクトを試みていました。

木々がキラキラと光を反射させながら揺れていて、気持ちよく優しい風を堪能していたのですが…

ふと本殿を見ると、1匹のカラスが、本殿の右奥からトコトコと出てきました。
本当に「トコトコ」という感じでかわいかったです。
個人的に空からバサーっとやってきて遭遇するのは想定内なのですが、タイミング的にも、そのちょっとコミカル?な登場の仕方にもぐぐーっと心が反応しまして。
あぁ、このカラスは神使だ…ありがたいなと嬉しくなりました。

その後は、1回だけ「カー」と鳴いて、あとは大人しく…なんだか機嫌よさそうに、しばらくそこにいてくれました。

なんていうか、お行儀がいいんですよ。笑
街中で見かけるワイルドな雰囲気がなくて、やわらかい空気感でそこにいるというか…
「カー」という鳴き声も荒々しさは一切なくて、声をかけてくれたのかな?という感じのリラックスした音です。

なんでか涙腺にぐぐーっとこみ上げるものがあって、泣きはしませんがウルッときたのでした。

横浜総鎮守【伊勢山皇大神宮】は関東のお伊勢様!境内からランドマークタワーが見える!

case2:地元の神社で出会ったカラス

目がかわいいカラス

これも最近なのですが、先日地元…といってもかなり足を延ばした先で、初めて参拝した神社にて。
隣町のような位置なのですが、以前行ったことのある神社と縁が深い神社です。

小さい神社…だけど、氏子さんに長い間熱烈に信仰されてきたんだなと思えるような…
明治時代に1村1神社令が出た時に、別の神社(私が以前参拝した神社です)に合祀されたが、氏子一同神様への思いが強く、昭和になってまた戻っていただいたのだそう。
由緒書きを読んでいてなんだかうれしい気持ちに。
全国でもあった動きだと思いますが、ここでも信仰が強く根付いていたのですね。

社殿が…なんというか一般的な木造の神社じゃなくて、町内会っぽい鉄の扉です。
格子からのぞくと、中では丁寧にお祀りされていました。

この時の私はフィールドワークの佳境でくったくたに疲れていたので、しばし境内のベンチで休ませていただいていました。
(唐突に修行をしたくなって、4万歩以上歩いた帰りだったのです…笑)

そろそろ帰ろうかなと立ち上がった時、誰もいない神社に「カン!カン!カン!」と音が響きます。
正直ビビりました。

音のする方を見ると…
社殿の屋根に伸びている、金属部分を、奥からカラスがトコトコと歩いてきます。

その登場の仕方が、前述の伊勢山皇大神宮のカラスとそっくりで!
この時も「カー」と穏やかな口調(?)で数回鳴いて、あとはじっとそこにいました。

またもグーっとこみ上げるものを感じて、今の私には聞こえないけど…カラスを通じて神様からお声をかけていただいたのかな?と思ったりするのです。

カラスはかわいい!

カラスと道しるべ

神社の歓迎サインはたくさんあります。
心を開いて、静かにその空間と混ざっていると、たくさんの歓迎サインに気付けます。

カラスは真っ黒で、西洋だと魔女の使いとされていたり、ホラーで演出に使われたりと、その漆黒の容姿から不吉なイメージを持つ人も多いです。
ゴミをあさったり、巣が近くにあると襲われたりもしますね…
普段から『縁起の良い』鳥というわけではないのですが、聖域のカラスは特別。

神社などでカラスをみかけたら、それは歓迎のサインなので、怖がらなくて大丈夫です!

日本神話でもヤタガラスが出てきますし、カラスは賢くてかわいい鳥ですよ!
意味深なカラスに出会ったら、ぜひ幸運としてカウントしてくださいね♪

おすすめの記事